2017年5月2日火曜日

看護師の勤務環境を改善したい

札幌市内の病院で、2012年12月新卒看護師の杉本綾さんが過労自死してから、
4年4か月が過ぎた今、労災認定を求める裁判がたたかわれています。

新卒で入職した年の7月から夜勤に入り、日常的な超過勤務に加えて、
先輩からの指導、深夜まで自宅学習、レポート、朝は情報収集として早く出勤するなど、
みるみる元気がなくなり、痩せていったそうです。
ラインやSNSからも、仕事が原因で追い詰められ、心を病んでいったことが明らかなのに、
個人のパーソナリティーの問題とされ、労災不認定とされました。
「1カ月の時間外労働が90時間だから、過労死ラインを超えない」と理由を告げられたそうです。

お母さんは、「娘のような過労死を出さないために、看護師の働き方を変えたい」と大変な状況でも、裁判をたたかっています。
4月21日の第2回目の口頭弁論は、80人の傍聴席が満席になるほどの人が集まり、
マスコミも複数入っていました。

裁判では自宅学習というシャドウワークの存在が、重要な争点となりますが、国はそのことについても争う姿勢です。これほどの状況なのに、国は過労死と認めず、本気で改善しようとする態度を示さないことに、怒りがこみ上げてきます。

裁判についてニュース報道の後、「私も同じ」「何度も死のうと思った」などの反響が三千を超えたそうです。
綾さんと同期の7人の看護師も、一人を残して4年以内に全員辞めたそうです。
決して、彼女だけ、この病院だけの問題ではありません。
看護師の増員と勤務環境の改善は、看護師だけではなく、道民にとっての願いでもあります。
3月の予算特別委員会質問で取り上げました。
引き続き、取り組みます。

次の裁判は8月4日11時から、札幌市地方裁判所です。
市民の関心の高さを示し、公正な判断をしてもらうためにも、ぜひ傍聴して応援しましょう。


2017年4月19日水曜日


先週、子どもの学校の授業参観、懇談でした。
いつもはおとなしめで、内気な次女が、みんなの前で緊張しながら、一生懸命発表していたり、
いつもは元気な長女が、授業中は意外と大人しかったり、
学校がつまらないと愚痴ってばかりなのに、授業中は意外と楽しそうだったり、いつもと違う様子が見られて楽しかったです。

それにしてもいつも思うのは、次女のクラスは35人学級で26人、長女は40人学級で39人。
5年生なのに狭そうで、きっと先生も大変だし、みんながわかる授業になるのかしら。
友達に聞くと、多くの子どもが塾に行っているそうで、やっぱり学校の授業だけじゃ足りないのでしょう。
貧富の差が、学習権の差にならないように、学校教育をもっと充実させてほしいです。

ところで写真は、次女にせがまれ、フェルトでキッチンを作りました。
本当はシルバニア用が希望だったようですが、リカちゃん用になりました。
蛇口と、扉を留める面ファスナーを付けたら完成です。



2017年3月17日金曜日

予算特別委員会

予算特別委員会、3日間の各部審査が終わりました。
私は、第1分科会に委員として入り、
保健福祉部、産後うつと産後ケアについて、
妊産婦安心出産事業と腎機能障害者への支援について、
看護師の勤務環境改善について、
温泉施設の硫化水素について、質問しました。

総合政策部はマイナンバーについてと、JR北海道への支援などについて、
総務部は、道職員の働き方について、それぞれ質問しました。

21日火曜日は、午後から知事総括質疑に立ちます。
予算特別委員会は、
道議会ホームページで録画配信がありますので、ぜひご覧ください。

2017年3月2日木曜日

第1回定例道議会が始まっています

24日から第1回定例道議会が開会し、開会日宣伝を行いました。
今日のお昼は「市民と野党の共闘をもとめる2区の会」の皆さんが要請に来てくださいました。
地元議員としてこの運動に協力してほしいとの要請があり、もちろん、快くお受けしました。
ご一緒に頑張りましょう!!
明日は午後の二人目の予定で真下団長の代表質問です。


体力テストの結果報告

23日の文教委員会で「平成28年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を詳細に分析した「北海道版結果報告書」が報告され、質問しました。
北海道の小中学生、男女とも、全国平均よりも低く、下位にあります。

報告書では、全道や管内別の状況とともに、公表に同意した170市町村(前年は154)について、点数を除く調査の分析結果と改善方策について詳しく掲載されています。
道教委は結果について、前年より改善し、差は縮まった。学校などの取り組みが改善につながったとしています。
質問調査では、「運動やスポーツが好き」と答えている割合は全国よりも高いのに、部活動やスポーツクラブに所属している割合は低い傾向にあります。
その理由を聞くと、道教委は、文化部を選択したり、地域になかったりなどの理由を答えますが、私は、経済的な理由が大きいのではないかと指摘しました。
「全国平均を追わせて、学校現場に圧力をかけるのではなく、就学援助の拡充や、無料・低額で利用できる施設整備の拡充など、教育支援や教育環境の整備こそ、教育行政の本来の役割として取り組むべき」と求めました。


2017年2月22日水曜日

就学援助制度を守り、充実させたい~文教委員会質問

長らく投稿が滞ってしまい、申し訳ありません。
3月7日、道議会文教委員会で、就学援助について質問しました。
2013年度から15年度にかけて、過去最大規模の生活保護基準の切り下げが強行されました。
道内179市町村のうち156は就学援助の基準を、生活保護基準を基に決めているので、就学援助の対象から外れる児童生徒が出ることが懸念されます。
国は影響が出ないように通知を出しましたが、守られていない自治体がある他に、今は影響がなくても、基準が変わらないので、今後新たに援助から外される児童生徒が出ると考えられます。
道教委に対して、影響が生じないよう対応することを求めました。

入学準備金は入学前に
 入学準備金は、入学時に必要な準備のための費用ですが、札幌市も含め、入学前に支給される自治体はほとんどありません。
入学前に援助の決定をするためには、入学前の周知が不可欠ですが、今回の質問で、入学より前に周知している自治体は、約2割にとどまることがわかりました。
また、書類を配布するだけでは援助に結びつかない実態があり、集団申請に取り組む団体もあります。
「全ての自治体で、入学前に周知するよう働きかけるとともに、説明や相談体制の工夫を働きかけるべき」と求めました。
道は、「周知時期の具体的な把握と、取り組みの工夫をしている市町村の事例を情報提供するなど、就学援助制度の積極的な活用を促す」と答えました。

就学援助制度は、子どもの貧困が問題となっている今、子ども達の学びを保証するための大切な制度です。支援の後退を許さず、さらに、拡充させるために、市民の皆さんと力を合わせて、また、国会や市町村議員と連携しながら、引き続き取り組んでいきます。




 


 

2016年12月14日水曜日

自然生かす観光振興をー北海道にカジノはいらない

国会では、強引な手続きでカジノを含むIR推進法が強行されています。
あまりに拙速で強引なやり方に対し、推進派の読売、産経含め、全ての大手新聞が批判しています。
カジノについて、予算特別委員会で質問しました。
道は国会での審議について「所定の手続きで進められている」、「雇用の拡大や消費拡大につながる」
と言ってはばかりません。
ギャンブル依存症や治安の悪化、青少年への影響について、また、対策について聞きましたが、
「今後策定されるIR実施法で対策される」と、具体的な答えはありません。
私は「人の不幸の上に置く成長戦略などあり得ない。北海道の大地、豊かな自然を活かした観光を目指すべきで、カジノはふさわしくない」とただしましたが、
道は「北海道にふさわしいIRについて検討する」と、最後まで平行線でした。

国会で一度廃案になったのに、二度めの提案、強行がされているのは、国内外からの圧力があるからだと思います。
北海道にも、カジノ推進の圧力があります。
カジノで儲けたい、一部の勢力に負けるわけにはいきません。
引き続きがんばります。