2018年2月5日月曜日

二度と悲劇を繰り返さないために

1月31日深夜、札幌市東区にある生活困窮者の共同住宅「そしあるハイム」が全焼し、
11名もの方が亡くなるという、大変痛ましい火災が発生しました。
花束を手向けるために現場を訪れたのですが、内部が真っ黒に焼け落ちた建物は火災の激しさを物語っており、
「どんなに恐ろしかっただろう。熱くて苦しかっただろう」と思うと、その想像を絶する苦しみに言葉もなく、
ただ「安らかに眠ってほしい」と祈るばかりでした。
そして、悲劇を繰り返さないために、自分に何ができるか、何をすべきかを考えました。

この火災事故の背景には、公営住宅が少ない、家賃補助制度がないといった、日本の住宅福祉政策の貧困、
生活困窮者などの受け入れ先があまりにも少ないといった福祉制度の不備の問題があります。
行政からの紹介で入所した方もいたそうで、こうした問題を放置し、民間団体に丸投げし、頼ってきた行政と政治の責任は重大です。
私も、一議員として、防げなかった責任を痛感し、重く受け止めています。

安倍政権は広がる貧困の実態を無視して、生活保護費の削減、年金削減など、社会保障をさらに後退させようとしています。
その一方で、戦争国家に突き進み、軍事費予算を増額し続ける姿勢は、命を軽んじるものであり、絶対に許せません。

明日の保健福祉委員会で質問します。

社会的な弱者の「声なき声を代弁する」議員の役割を痛感し、
「このような悲劇を二度と繰り返さない」決意を胸に刻みました。

2018年1月30日火曜日

武力による威嚇ではなく、対話による外交手段への努力を

気がつけば3カ月も放置してしまいました。
今年はこのような事のないように、更新を頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いします。

今年最初の更新は、今朝の赤旗日刊紙の記事に感動したので、その紹介です。
ペリー元米国防長官へのインタビュー記事ですが、内容をかいつまんで紹介すると、
・北朝鮮は、核兵器を持つことが、アメリカから攻撃されない保障になると考えている。
・たとえ限定的な攻撃(核施設のみの破壊)でも、報復で惨禍が拡大する。
・軍事衝突が核の使用を招きかねないので、軍事力行使はとても危険だ。
・オバマ大統領の目指した「核なき世界」への構想が、アメリカ国民に受け入れられなかったのは、
国民が核兵器の危険を理解していなかったからであり、遠回りでも国民への教育を推進することが大切。
・そのための取り組みを広げたい。

昨年、国連で核兵器禁止条約が採択され、「I CAN」がノーベル平和賞を受賞しました。
広島、長崎の被爆者自らが訴えて、核兵器の被害の悲惨さ、非人道を世界中に広げたことが、
その原動力になったことに、違いありません。
今、世界中で核兵器廃絶に向けた署名活動が取り組まれています。私も参加しています。
日本政府は、アメリカの核の傘にしがみついて、この条約に批准していません。
唯一の戦争被爆国として、世界からこれ以上核兵器による被害をなくすために、
核兵器禁止条約に署名・批准する政府を作るためのたたかい、運動を広げることが大切です。

子どもたちの未来を守るために、今年もがんばります。



2017年10月24日火曜日

新エネ促進の陰で・・・

石狩湾新港や銭函海岸に、巨大風車の建設が着々と進み、試運転も始まる見通しです。
すでに海外では健康被害が生じて、運転を制限したり、立地条件が厳しくなったりしています。
日本でも被害が生じていますが、なかなか知られていないのが現状です。
多くの場合、小さなコミュニティーの中で、被害を言い出せない状況にあるようです。
研究者が被害を報告し、多くの市民団体等が活動に取り組んでいます。

まずは、みんながこの問題を知って、学び、議論をすることが大切だと思います。
学習会のお知らせです。
【学習会】
大型風車の試運転を控えて~私たちがしなければならないこと
日時:2017年11月19日(日)13:30~15:30
場所:花川北コミュニティセンター(石狩市花川北3-2)
講師:安田秀子さん(日本自然保護協会自然観察指導員)
参加費:300円


2017年10月21日土曜日

だから #比例は共産党 

12日間の選挙戦が終わりました。
最後の訴えには、市民と野党の共闘を求める二区の会の井上さんや、
戦争させない市民の風北海道の川原さんが一緒に訴えました。
市民ネットや社民党の方、民進党の方からも応援していただきました。
「憲法は変えさせない」みんなで力を合わせた選挙でした。
金倉候補も、最後まで力強い訴えでした。

言いたいことは三つ
一つ、憲法を変えることは、日本が戦争当事国になること。
平和的な外交努力こそが世界の主流であり、9条を守って世界の平和に貢献する政府を作ろう。

二つ、消費税に頼らなくても財源が確保できる具体的な対策があること。
大企業が中小企業よりも法人税の実質負担率が低い。所得が1億円を超えると所得税の税率が下がっていくという不公平を是正して、応能負担の原則で公平な税負担にすること。
そうすれば、5兆円の財源が作れる。
財界にきっぱり物が言える日本共産党にしか言えないこと。

三つ、安倍政権の働き方改革は、働く人をモノのように使い捨て、使いつぶす改革。
残業規制を厳しく、ブラック企業対策を強化する、中小企業を応援して最低賃金を1500円にする。
安心して働いて、暮らしていける社会を実現する政府を。

だから、 #比例は共産党




2017年10月18日水曜日

「ぶれない・裏切らない」って・・・

2区のとある小選挙区の候補者のポスターには、「ぶれない・裏切らない」とありました。
Mさんは「市民と野党の共闘を求める2区の会」に参加をしていて、
「戦争法廃止。憲法9条守る」といって、ついこの前までうちの金倉候補と握手していました。
しかし民進党が解体し、小池新党が立ち上がった時、
真っ先に小池代表の示した「憲法9条」という踏み絵を踏んで、行ってしまわれました。
ポストの約束もあるらしい、という噂もあります。

それにしても、こんなことをわざわざポスターに書くなんて、やましい気持でもあるのでしょうか。
昨日たまたま、掲示板の前を通りかかって釘付けになってしまいました。
TPPの時の自民党のポスターもそうですが、政治家って平気で嘘をつくんですね。
この選挙は、子どもにきちんと説明できる投票行動を、大人たちは取るべきだと思います。

21日追記
この文言を発見した翌日、別のポスターに変更されていました。
憲法9条「変えるつもりはありません」「専守防衛に徹します」との文言が。

希望の党の党首は、「9条改憲、安保法制容認」と条件を出したはずです。
公認の政党とは違う主張をする…信じられるはずがありません。

2017年10月9日月曜日

憲法9条守る選挙へ全力!!

今日は、午前中紙智子参議院議員と北区の5か所をキャラバン宣伝。
多くの方から激励をいただきました。
いつになく、手を振ってくれたり、声をかけてくださったり、宣伝物があっという間になくなるなど、
どこでも手ごたえを感じます。
午後は、地域で後援会員の方を三十数軒訪問し、皆さんと対話できました。
夜は業者後援会の決起集会で、候補に成り代わって情勢と政策の報告。
短期決戦、やるべきことをやりぬこうと決意を固め合いました。

この選挙は、戦争か平和か、憲法9条を守り抜くかどうかがかかっています。
世界は、戦争させないために、武力によらない、対話による解決を模索しています。
自民党公明党、さらに、希望の党、維新は、憲法を変えることと、安保法制、すなわち戦争法を守ることでは一致しています。
選挙後に、連立することも示唆しています。
憲法を守り、戦争法廃止の市民と野党を伸ばすことは、平和を守ることにつながります。

安倍首相は消費増税を明言していますが、そんなことをすれば、暮らしや経済は立ち行かなくなります。
この間、大企業への大減税で減った税収5兆円、それをもとの税率に戻すだけで
消費税増税しなくても、財源は生み出せます。
大企業の内部留保は400兆円を超えました。
たとえば、そのうちの1兆円を使うだけでも、働く人の暮らしを守る転換は実現できるはずです。
命、暮らし守る選挙戦、いよいよ明日公示です。
短期決戦、頑張りぬきます。

2017年10月6日金曜日

解散総選挙!!

昨日、北海道で野党共闘が成立しました。
市民の風北海道、立憲民主党、社民党、日本共産党の4者が、相互の選挙協力協定を結び、
道内12の小選挙区すべてで、立憲野党の統一候補が決まりました。
立憲主義を守る、戦争法廃止の目標で、市民と野党の対話、協力に取り組んできたので、本当にうれしい。
昨日のお帰りなさい宣伝は、多くの方から激励をいただきました。

訴えの内容を簡単に紹介します。
加計・森友問題の疑惑究明に蓋をして、「今なら勝てる」という解散は党利党略、究極の政治の私物化。
絶対に負けるわけにいかない。
「戦争法廃止」「憲法9条守れ」という共通目標で、市民と野党の共闘に取り組んできた。
野党共闘を提案し、全国に広げてきた日本共産党を、この選挙で大きくさせてほしい。

安倍首相は「国難突破」を繰り返すが、かつての大戦で使われた言葉と同じ。
「自存自衛のため」と始めた戦争で、多大な犠牲をもたらした反省のもとに憲法9条は作られた。
北朝鮮の脅威に対して、日米同盟強化、軍備強化では、平和は守られない。
世界は、平和的的な解決を求める対話、核廃絶に取り組んでいる。
安倍首相は、アメリカの武力による圧力を容認し、武力による防衛を強化している。
憲法9条を変えて、アメリカと一緒に戦争する国になろうとしている。
憲法9条を守るかどうかが、この選挙では大きく問われている。
憲法9条を守り、平和を守るために、日本共産党を伸ばしてほしい。

安倍首相は、消費税10%に挙げてその使い道を問う選挙と言いました。
消費税8%への増税が、暮らしや経済に深刻なダメージをもたらし、回復していません。
日本共産党は、消費税に頼らない税制改革、具体的な政策を提案しています。
いのち、くらし守る日本共産党を応援してほしい。と訴えています。

短期決戦、全力で頑張ります。