2014年10月30日木曜日

私が立候補する理由

まず、私の生い立ちから紹介したいと思います。
私は三人兄弟の末っ子の長女として生まれました。
母は幼い兄弟を抱え、内職やパートを掛け持ちして苦労して育ててくれました。
当時の母の記憶と言えば、働く背中ばかりです。
小学校を卒業する頃母子家庭になり、母はストレスからか体調を崩して入退院を繰り返していました。
それでも、私は看護学校に進学し、卒業することができました。
母が入退院を繰り返しても、解雇しないで守ってくれた当事の上司と、
国立病院の看護学校で学費が安く、返済不要の道の奨学金のおかげです。
父親がどんなに働かなくても「奥さんと3人の子どものためだ」と言って、クビにもしないでお給料をくれていた、当事の建設会社の社長がいなかったら、私はどうなっていたかわかりません。
ところが現代はどうでしょう。
非正規雇用が広がり、長引く景気低迷、就職難で中小企業の倒産も相次いでいる状況では、私の母のような人は真っ先に解雇されるし、私が卒業した看護学校は国の予算がなく、もうすでにありません。
奨学金制度は、今は貸し付け型、有利子がほとんど。
卒業と同時に300万から1千万円もの借金を背負って社会に出ざるを得ない若者がたくさんいて、しかも正社員が少なく、がんばって就職したとしても、今度はブラック企業に物のように、使いつぶし、使い捨てられる・・・
こんな社会で、自分の子どもだけを守ろうとする生き方に限界を感じていました。
この社会で困っている人の役に立ちたい、社会の進歩に貢献する生き方をしたい。
そう考えていた時、候補の話をいただきました。

だから、議員になることは私の夢でも目的でもありません。
社会を良くする、社会進歩に貢献するという目的の、一手段です。
私の夢は、この地球から戦争と貧困をなくすことです。
この日本でも貧困で苦しむ人がたくさんいて、餓死する人さえいます。
世界でも戦争や内戦が絶えない、貧困、飢餓に苦しむ人、児童労働や奴隷のような労働で搾取される人がたくさんいます。
見果てぬ夢と笑われるかもしれませんが、そういう世界に向けて世界が少しずつ前進していく、
その歯車のひとつになれたら、と思っています。
社会進歩に貢献すること、そのために力をつけて社会に貢献できる人材に成長することが今の私の目標です。

2014年10月28日火曜日

2回目の電力値上げ撤回の申し入れ



1022日、日本共産党北海道委員会で、皆様の思いを集めた筆の署名を持って、再度北海道電力に対し、「電気料金再値上げの撤回を求める」署名9204人分を提出、値上げ撤回を申し入れました。
  926日に続く2回目の提出で、1回目(2638人分)と合わせて11842人分となりました。北電お客様本部の谷口秀治担当部長らが対応しました。
  札幌市内の道議候補と市議候補、共産党の畠山書記長ら、11名が参加。「再稼働すれば値下げできると言われても道民は納得できません。道民が求めているのは値上げ撤回です。」と求めましたが、谷口部長は「再稼働できないもとで経営上待ったなしの状況。再稼働によって負担軽減はできる」と従来の主張を繰り返しました。それに対して「『再稼働しないで』が道民の願い。そういう道も検討してほしい」と改めて求めました。
 両手にずっしり重い署名を、北電に届けて、皆様の思いを届けることができました。
 たたかいはまだこれからです。
 署名にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 



 
 
 
 

 

2014年10月22日水曜日

共産党で活動する理由

ブログに来ていただき、ありがとうございます。
私の友人とか、同僚とか、私が立候補しますと言うと、まず「何でまた選挙に?!」と驚かれます。
なので、どうして私が選挙に出ることになったかを紹介したいのですが、
その前に、私が共産党員になったいきさつを、今日は書きたいと思います。

私が共産党に入ったのは、今から11年前、2003年の2月でした。
子どもの頃、赤旗の日曜版が、ほんの一時期だけ届いていた他は、共産党との接点はありませんでした。
政治に興味はなかったし、共産党をほとんど知らなくて、良いイメージもありませんでした。

だけど、大学を卒業する直前、後輩から声をかけられて、話を聞く事になりました。
そこで、日本のいろんな異常や行き詰まりの根本は、アメリカ言いなり、大企業優先の二つのどちらかに行き着くということ、
日本共産党は、その根本から政治を変えて、国民が主人公の政治に帰るためにがんばっていることを知りました。
それで私は、「世の中のおかしいことに、ちゃんとおかしいといってがんばる日本共産党ってすごい!!」と
その場で入党しました。

そして今も、この気持ちに変わりはありません。
今、高学費や非正規雇用の増加、ブラック企業など、若者が苦しめられています。
母子家庭のお母さんも、預ける先がない、低賃金の不安定雇用などで大変です。
家庭のお父さんだって、リストラの不安や残業代ゼロ法案など、ゆるくないです。
「私年金生活者だから~」といえばイコール貧困、というような年金制度もおかしいです。
さらに、集団的自衛権で戦争する国づくりが進み、原発も再稼働が狙われている。
こういう政治を何とかしたい。そのために働くという生き方がしたい。
そんな思いで、共産党の活動をライフワークにすることに決めました。

2014年10月18日土曜日

道庁に要望書を提出しました

 10月16日、道庁を訪問し「福祉灯油制度確立と生活防衛の特別対策に関する緊急要望」を行いました。
 日本共産党の真下紀子道議と道議候補の宮川じゅんさん、本間かつみさん、菊地よう子さんと、共産党の森つねとさん、そして私も参加しました。
 要望書では①福祉灯油制度の確立、10億円規模の補正予算化②地域産業、暮らしへの影響の総合的調査③漁業、酪農・稲作への緊急対策を求めました。
 窪田毅知事室長が要望書を受け取り、「電気料金再値上げについて、国に影響緩和策を求めると同時に北電に経営効率化などを求めていく」と述べました。

 消費税増税、電気料金の再値上げ、灯油・燃油、食料品価格も上がって、道民の暮らしと経営は今までにないほどに苦しくなっています。私も、活動を通して多くの方から苦しい生活の実態について伺っています。そのみなさんのことを思いながら、訴えを伝えました。
 もちろん、今回の要望だけで解決するとは思いません。これからも粘り強く活動を続けるとともに、来年には道民の願いをしっかり届ける議員として活動したいです。これからもがんばります。