2015年1月12日月曜日

新成人のみなさん、おめでとうございます

今日は成人式。会場の近くで宣伝しました。
今年は地方選、多くの政党、候補者が集まり、のぼりを立て、宣伝物配布や、マイク演説など、とてもにぎやかでした。
この光景は、新成人のみなさんの目にはどのように映ったでしょうか。
昨年の成人式、私たちの他には、維新の会(当時)と社民党くらいで静かなものでした。
日本共産党は、若者と一緒に政治を変えたいので成人式宣伝は、毎年の恒例行事なんですよ。

今、若者を取り巻く状況は大変です。若者の2人に一人が非正規雇用、明るい未来が描きにくい時代です。
そもそも、なぜこんなことになったか。
自民党政治が直接雇用の原則を壊し、働くルールを壊してきたからです。アベノミクス、この道しかないと大企業、大資産家を優遇してきたからです。結果、大企業の内部留保は大きく増えて、285兆円。みんなの生活が苦しいというのに。
他の野党は、しっかり対決できません。なぜなら、中身は自民党と同じだから。

若者のみなさん、日本共産党があります。
アベノミクスや消費税に頼らない、財政再建のための別の道を提案しています。
大企業優先ではなく、中小企業をしっかり応援すること。
大企業の内部留保の一部を使えば、正社員化や大幅な最低賃金の引き上げは可能です。
働く人が安定して働けて、賃金が増えれば、消費も増えて景気は良くなり、税収も増えます。
消費税8パーセントで景気がこんなに落ち込んだのだから、消費税増税は中止しかありません。
選挙を前にして良いことを言っても、消費税増税を決めたのは、自民、公明、民主の3党です。

若者のみなさん、日本共産党と一緒に、若者が夢を持てる未来を目指しませんか?