2016年7月25日月曜日

自衛官による高校生の家庭訪問~一般質問から

全日本教職員組合等の「高校生の就職内定実態調査」によると、
自衛官によるルール違反の戸別訪問は前年に二倍に増えているそうです。
一般質問で道に認識をただし、教育長は「民間企業と同様、学校の協力のもとで行うよう求める」と戸別訪問の自粛を要請する考えを示しました。

また、自衛官による勧誘は「大学に行ける」「資格が取れて就職に有利」など
メリットだけが強調され、リスクがきちんと説明されない恐れがあります。
兄が高校三年生の時、自衛官が我が家を訪問し、私にも看護学生の説明をしたことを今でも鮮明に覚えています。
「給料をもらいながら看護師の資格が取れる。自立して親孝行できる」という説明に心を動かされました。
当時は、戦争に行く危険はないと説明されましたが、今は何と話しているのでしょうか。
今、学費が高い、非正規雇用、ブラック企業がはびこる中、学生が困難を抱え、
リスクには目をつぶり、自衛隊を選ばざるを得ない状況が広がっています。
若者を使い捨てる社会に未来はない。何としても変えなければなりません。
 


しんぶん赤旗日刊紙の報道によると、自衛官の応募者数が4年連続で減少、
防衛大学卒業生が自衛官以外の道を選ぶ「任官拒否」の人数も増えていることがわかりました。
自衛隊の任務拡大で、相談窓口に全国から不安の声が寄せられています。
安倍政権は「戦争できる国づくり」に突き進む一方で、自衛隊の人的基盤を自ら壊している可能性があります。

2016年7月20日水曜日

高橋知事の海外出張について追及~一般質問から

一般質問では、高橋知事の高額な海外出張について質問しました。
高橋知事は、就任以来13年間で30回、最近の5年で16回、
直近2年間では舛添前都知事と同じ9回と、他県と比べても突出しています。

4期目に入った昨年5月からは、5回の出張を行ない、
ミラノでは、一泊8万6千円余のホテルに3泊、出張費の総額は723万円、
韓国では22人もの道職員が同行し、608万円かかっています。
3期目の最高額は392万円であることを考えると、4期目の出張回数と金額は異常です。

調査によると他県では、予め旅行会社に条例の上限金額を伝えるなど、節約に努めています。
道財政は、全国と比べても厳しく、財政が厳しいからと、道民の福祉サービスが削られている一方で
このような条例違反の高額出張は認めることはできません。
他県の節約の努力に学ぶべきであり、状況を道民にわかるように丁寧に説明するべきと求めました。
知事は「引き続き適切に対応してまいる」と答えるにとどまりました。
また、海外出張の効果についてただしましたが、トップセールスやプロモーションで、
「外国人来道者が増えた、輸出食品が増えた」など効果があったと答えましたが、
それだけで増えたとは、誰も考えないのではないのでしょうか。

質問中、知事と一緒に推進する与党席からは、質問の声をかき消すほどの激しいヤジがありました。
改めて、道民目線で、きっちり道財政をチェックする日本共産党の議席の役割を実感しました。

これからもがんばります。

2016年7月14日木曜日

参院選が終わりました

7月10日投開票の参議院選挙が終わりました。
本当に、多くの方からご支援をいただき、ありがとうございました。
北海道選挙区は森つねとさん、残念ながら議席に届きませんでしたが、すごくがんばりました。
比例は5議席、選挙区で1議席、改選前3から6と前進しました。
全国の定数1の選挙区32全てで野党共闘の候補は、11議席獲得。
前回は2だったので、大きな前進です。

でも全体的には、改憲勢力が発議をできる3分の2のラインに届き、
自民党は単独で過半数に届くようです。

改憲という話もさっそく出始めているようです。
貧困と格差が広がり、暮らしや経済が行き詰まっています。

私も、道民の皆さんの声をしっかり受け止め、議員としてさらに頑張らなければ。
もうすでに、今後の議会活動に向けて取り組んでいます。
様々な課題を、一つ一つ深めて、しっかり取り組んでいきます。

2016年7月8日金曜日

第二回定例会閉会しました

今日は、本会議最終日でした。
各委員会からの報告や、人事案件の承認、条例案や意見書案の審議がありました。
私は、反対する議案についての反対討論に立ち、31億円もの増額となるサンルダムの工期延長や、外径標準課税の拡大などについて、発言しました。

いよいよ明日が選挙活動最終日!!
明日は全力で頑張ります。

2016年7月5日火曜日

選挙です。街頭からの訴えです!

こんにちは。みなさん、選挙ですよ。
いろんな場所で、演説させていただいています。
日曜日、公園前で演説した時のこと。
着くなり公園で遊んでいた子どもたちが、宣伝カーの看板の
「消費税10%キッパリ断念を」を見て、声をかけてくれました。
「消費税上がるのヤダよ~」

演説を聞いて子ども達から「戦争って何?」の質問。
私「戦争はね、武器や爆弾で人が殺し合うことだよ。外国ではね、子どもがたくさん死んでるんだよ。」
子ども達「ええ~!!やだ!子ども死ぬなんてかわいそう!」
私「そうだよね。おばさんもね、小学生の子どもがいてね、だから戦争に反対してるんだ。
お母さんに『戦争反対して』って伝えてくれるかな?」
子ども「うん。わかった!」
私「おばさんも戦争させないようにがんばるからね」
子ども達「うん!がんばってね!ばいばーい!」

・・・子ども達に元気をもらって、子ども達の未来のために、がんばります!

写真は、紙智子参議院議員と小形かおり市議と、桑園イオン前での訴えです。