2017年10月9日月曜日

憲法9条守る選挙へ全力!!

今日は、午前中紙智子参議院議員と北区の5か所をキャラバン宣伝。
多くの方から激励をいただきました。
いつになく、手を振ってくれたり、声をかけてくださったり、宣伝物があっという間になくなるなど、
どこでも手ごたえを感じます。
午後は、地域で後援会員の方を三十数軒訪問し、皆さんと対話できました。
夜は業者後援会の決起集会で、候補に成り代わって情勢と政策の報告。
短期決戦、やるべきことをやりぬこうと決意を固め合いました。

この選挙は、戦争か平和か、憲法9条を守り抜くかどうかがかかっています。
世界は、戦争させないために、武力によらない、対話による解決を模索しています。
自民党公明党、さらに、希望の党、維新は、憲法を変えることと、安保法制、すなわち戦争法を守ることでは一致しています。
選挙後に、連立することも示唆しています。
憲法を守り、戦争法廃止の市民と野党を伸ばすことは、平和を守ることにつながります。

安倍首相は消費増税を明言していますが、そんなことをすれば、暮らしや経済は立ち行かなくなります。
この間、大企業への大減税で減った税収5兆円、それをもとの税率に戻すだけで
消費税増税しなくても、財源は生み出せます。
大企業の内部留保は400兆円を超えました。
たとえば、そのうちの1兆円を使うだけでも、働く人の暮らしを守る転換は実現できるはずです。
命、暮らし守る選挙戦、いよいよ明日公示です。
短期決戦、頑張りぬきます。