2018年2月5日月曜日

二度と悲劇を繰り返さないために

1月31日深夜、札幌市東区にある生活困窮者の共同住宅「そしあるハイム」が全焼し、
11名もの方が亡くなるという、大変痛ましい火災が発生しました。
花束を手向けるために現場を訪れたのですが、内部が真っ黒に焼け落ちた建物は火災の激しさを物語っており、
「どんなに恐ろしかっただろう。熱くて苦しかっただろう」と思うと、その想像を絶する苦しみに言葉もなく、
ただ「安らかに眠ってほしい」と祈るばかりでした。
そして、悲劇を繰り返さないために、自分に何ができるか、何をすべきかを考えました。

この火災事故の背景には、公営住宅が少ない、家賃補助制度がないといった、日本の住宅福祉政策の貧困、
生活困窮者などの受け入れ先があまりにも少ないといった福祉制度の不備の問題があります。
行政からの紹介で入所した方もいたそうで、こうした問題を放置し、民間団体に丸投げし、頼ってきた行政と政治の責任は重大です。
私も、一議員として、防げなかった責任を痛感し、重く受け止めています。

安倍政権は広がる貧困の実態を無視して、生活保護費の削減、年金削減など、社会保障をさらに後退させようとしています。
その一方で、戦争国家に突き進み、軍事費予算を増額し続ける姿勢は、命を軽んじるものであり、絶対に許せません。

明日の保健福祉委員会で質問します。

社会的な弱者の「声なき声を代弁する」議員の役割を痛感し、
「このような悲劇を二度と繰り返さない」決意を胸に刻みました。